スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗?成功?道東遠征ニジブラ釣行

5月31日(土)


今年初となるフレッシュでの道東遠征、もちろん狙うのは良型のニジ・ブラです。

向かったのは毎年この時期に訪れているホームの渓、張り切って3:30に入渓しました。





テレメーターを見て予想できた通り、否、予想以上の大渇水です。

ですが落胆はしません。水質は良好ですし、何より昨年はもっと悪い条件で40UPは獲ってるからです。

                        ・

                  
                        ・

                
                        ・

              
                        ・

               
                        ・

              
                        ・

           
                        ・

             
                        ・

             
                        ・
 
                 
                        ・

             
                        ・

             
                        ・

             
                        ・
 
             
                        ・

                   ところが!


























入渓してから100分ノーバイト・・・





子ニジも、子ブラも、子イワナも、ウグイすら・・・な~んにも釣れません。

遥々道東まで来て期待の渓でこれですから、心中は穏やかではありません。

「そのうち釣れるさ」 → 「ここなら出るだろ」 → 「おっかしいな~」 → 「これマジでヤバイよ・・・」という感じです。





大きな不安と危機感に包まれながら遡行を続けていると、落ち込み~淵~深瀬という教科書ポイントに到着しました。

ここまで来る迄にも教科書ポイントは何カ所かありましたが、ここは今までのポイントとは一味も二味も違います。

何故かと言うと・・・「目測40UPの、たぶんニジマス」が頻繁にライズを繰り返しているからです!





ライズの主をミノーで仕留めたことなど無いくせに、俄然気合が入ります!

そして私のミノーを当然のように無視して、その主はライズを繰り返すのです。

「いっそのことスピナー引っ張ってやろうか」とも思いましたが、それをやってしまってはBeamsが泣くというものです。

するとライズの主が跳ねたと同時に、ミノーが水中で動かなくなりました。潜んでいたのは1尾だけではありませんでした。

























2014531niji48.jpg

ニジマス48cm


惜しくも50cmには届きませんでしたが、ここまでの経過もあって大感激でした。

久しぶりに味わうパワーとスピードとタフネスを備えたファイト、そして美しい容姿・・・もう最高です!

下流には沈み木があるので正直ヒヤヒヤしましたが、親指ドラグを駆使してなんとか無事キャッチとなりました。




*1~2分のファイトのせいか、その後はライズは止まってしまいました。
 結局今回もライズの主をミノーで仕留めることはできず、今後も無理な感じです。





1尾釣るのに時間は掛かりましたが、その1尾は大満足の50弱です。

すっかり気分が良くなり張り切って遡行を再開しましたが、ま~た何も釣れない時間が繰り返されます。

しかし2度目のチャンスは訪れてくれました。小さな落ち込みにキャストするとワントゥイッチ喰ってきました!

そいつは1度ジャンプをくれた後、私に向かって突進してきました。テンションが緩んだので慌ててゴリ巻きです。

しかし時すでに遅く、無念のフックアウト・・・ジャンプをくれたそいつは50cm前後のニジマスでした・・・。






48cmを釣った喜びも、これでは半減してしまうというものです。

そしてその後は脱渓地点まで1尾も釣れず、6kmも遡行して2バイト1キャッチという結果に終わってしまいました。





時間が経って逃したショックからは立ち直りましたが、どうにも胸のモヤモヤが晴れません。

当然このままでは終われないので、第2ラウンドを開始するべくフィールド選定にかかります。

ですがこの時点で故障した親指がかなり痛んでおり、長い区間・時間の遡行は無理と判断。

過去に良い思いをしたということである程度期待ができ、なおかつ途中で脱渓可能な区間に移動しました。





移動先も同じように渇水しており、「1尾だけでいいから良型を」という気持ちで遡行開始です。

そして第1ラウンドとは違い、開始早々からポンポン釣れてきます。コイ科の外道の王様が

湧き上がってくる「このまま止めて車に戻っちまおうか」という気持ちを何とか押し殺して王様を追加していくと・・・。
















2014531niji29.jpg

ニジマス29cm





2014531niji23.jpg

ニジマス23cm





2014531niji231.jpg

ニジマス23cm



子虹の3連発です。これでとりあえず第1脱渓ポイントまでは続けることにしました。

しかし以降は王様の入れ食い、誇張ではなくルアーを動かせば20~35cmの王様が喰ってきます。

激痛を我慢して難易度の高いポイントにミノーを入れても、虹が混ざらず王様ばかり釣れ続けます。









2014531fuukei.jpg



第1脱渓ポイントまであと100mという地点でちょっと不思議なことが起こりました。

ここまでどこでもバカスカ釣れていた王様が、ここに限って全く釣れないのです。

妙な感じを覚えつつ、「完全帰宅モード」でキャストを続けていると「ドンッ!」と来ました!



















2014531bura46.jpg

ブラウントラウト46cm



最高に嬉しい1尾でした。

ぜんっっっっぜん釣れる気がしない、また実際全く釣れていない中、ド終盤に40UPが釣れるとは!

このブラウンのおかげでモヤモヤした気持ちは晴れあがり、スッキリした気分で釣りを終えることができました。





そしてこれはあくまで推測ですが・・・。

あれだけいた王様があそこに限って釣れなかったのは、このブラウンが居座っていたから。

そして裏を返せば、ここまで通過してきたポイントにはブラウンはいなかったということだ、と勝手に思ったのでした。





私は40cmを1mmでも越えるニジ・ブラが1尾でも釣れれば「行って良かった」と思えるタチです。

ですが遠方まで赴き、今回のように全体を通して貧果で尚且つ良型も逃しているとなると・・・。

それでも40UP1尾で良しとする私が2尾も釣ったのですから、その部分だけ見ればやはり上出来と思えるのです。

よって今回の遠征は成功ということにしておきます。最後のブラウン君には大感謝です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すばらしい!

ネイティブのレインボーにブラウンとは羨ましいですね~

無反応の時間が長くても納得できた釣りだったのではないでしょうか?

王様の連発には流石に閉口するでしょうが、我慢した甲斐があったということでしょう

ありがとうございます!

ozechiさん、こんばんは!

獲った2尾は大満足ですが、逃した1尾が悔やまれます。

決して獲れなかった状況ではなかったので、尚更なんですよ。

ラストに釣れたブラウンには救われました。激痛に耐えて頑張る私に渓の神様が施してくれた1尾でした(笑)。


No title

こんばんは、Nシックスさん。

ニジに、ブラウンとナイスな感じですね。
川でブラウンの大物をかけたことがないので
ちょっと体験してみたいものです。

しかし、釣りに行けるのが羨ましい…。
僕の方は、時間が作れずまったくだめですね。
Nシックスさんのブログで心を癒します。

No title

pranksterさん、こんばんは!

いつもいつもの苦戦でしたが、ニジ・ブラ40UPが仲良く1尾ずつ釣れたことはよかったです。
ブラウンはニジのような疾走はあまりしませんが、このサイズになるとトルクフルな引きで私は大好きです。

時間がなかなか作れないのは私も同じですよ。
それでもなんとか癒せるようなニジブラを頑張って釣りたいと思います。

No title

やりましたね!おめでとうございます!

いい顔つきの魚たちですね。
逃した魚は惜しいですが、十分な釣果ではないでしょうか!

また釣っちゃってください(笑)ライズしてやつはちょっと気になります(笑)

ホーム遠征成功!オメ(^^♪

道東遠征お疲れ様です(^^♪

いい面構えのレインボーと、ポチャリブラウン、いいですね~
今時の王様はデカイから、どきっとするね!
逃したニジは次回のお楽しみにとっておきましょう(^^♪

それにしても親指が痛々しい!
次回の50UP捕るためにもお大事に(^^♪

いよいよ渓流ベイト本格始動ですな♪
なかなかの滑り出し、次回は50アップいや60アップを!
ただし、くれぐれも手がボロボロにならない程度にね…(^_^;)

No title

dunkeld06さん、こんにちは!そしてありがとうございます!

久しぶりの良型ニジマスのファイト、そして容姿、やっぱりたまりません!最高です(笑)。

ただ逃した奴も獲った奴と同等以上のサイズだったので勿体無くて・・・。
パチンコで10万勝ったけど、その日のうちに5万円落としてしまったような心境です(笑)。
それだけに最後の最後に釣れたブラウンは本当に価値ある1尾となり、救われましたよ。

40cmを超える虹のライズはいつ見ても興奮しますね!
ルアーの私ですらそうなのですから、フライマンなら目の色変えてドライをキャストするのでしょうね(笑)。


ありがとうございます!

トルさん、こんにちは!

遠征一発目で50cmに迫る虹を獲れたんだから、成功です!
逃した奴も獲れていたら大成功でした(笑)。やはり良型を逃すと、ど~しても心が無傷という訳にはいきませんね。

釣れたブラウンは腐るほどいる王様を飽食してるんでしょうね。最高のコンディションでした。

親指、釣行後半になるとキャストの度に激痛が走りました。
でもファイトにはほとんど影響ないようです。というより、よく覚えてないんですよね(笑)。
次回に備えて親指の状態を回復させて、再度挑みたいと思います。

No title

Tさん、こんにちは!

そうなの。なかなかの滑り出しなんだよね。
しかしここ数年で知らずしらずのうちに贅沢になっているみたい(笑)。

とある渓で80cmの虹が釣れたんだって!でも私は今後も40UPを念頭に行くよ(笑)。
大事な大事な親指、労わりながら、時に酷使という感じになるかな?

No title

こんばんは(^^
いい釣りでしたねー!!
男前のニジに、ナイスボディなブラです!
両者とも銀白色な、いい色合いです。
ニジの立派な尾びれが目を引き付けます
いいファイトだったでしょうね~(^^/

No title

エンゴサクさん、こんばんは!

50前後1尾を逃してしまいましたが50cm弱は1尾獲れたので、良い釣りでした(笑)。
でも合計8km釣り上がって釣ったトラウトは全部で5尾ですからね。まあいっか(笑)。

やはり50cm弱と40cmちょっとの虹ではサイズ以上の違いがありますね!
久しぶりに味わうニジマスらしいパワーとスピード、容姿も美しい、やっぱり一番好きなのかな~と思いました。

初めまして!

初めまして、時々お邪魔させて頂いております、秀怜丸と申します。

流石ですね、良いサイズが出たのは実力だと思います、根気と・・・

この度コメントさせて頂いたのはビームスに使われているカルカッタですが、いつかは決めてませんが、購入したいなと思っております。

使われているのは51でしょうかね?

当方詳しくないので質問もおかしいかもしれませんが、51にDCが有ると思うのですが、DCの方がおススメか?それともゴールドの方がカッコいいからDCでは無くても良いのかなあ?なんてまだ買う訳ではないけど考えていました。

ロッドもビームスの50ULが欲しいなぁ~と思っています。

カーボンと違って、ましてはベイト使った事無いのに難易度高いのは承知の上で悩んでいますが、使われているタックルが自分の理想だったので、今回コメントさせて頂きました、長くて面倒な質問ですが、これからも宜しくお願いします。

秀怜丸さん、初めまして!

初めまして!私もちょくちょくお邪魔させてもらい、楽しませてもらってました!
良いサイズが出たのは恵まれたフィールドまで遠征する体力があるから?なんて思っています(笑)。

さて、ご質問への回答ですが、私なりの意見も交えながらとなると思いますのでそこのところはご理解ください。

私が使用しているのは右ハンドルのカルコン50です。左ハンドルが51ですね。

DCについては賛否両論がありますが、ベイトリール初心者には恩恵が多く、ベテランが使ってもその能力の高さには驚くようです。初めてのベイトリールがDCだと全自動ゆえに以降は普通機が使えなくなるとも言われていますね。

ちなみに私も予備機の購入を予定していますが、DCを購入するつもりは全くありません。

理由の第一はDC基盤が怖いからです。電子機器だけに故障や不調に対する不安が常に付きまとうのが嫌なんですよね。他の摩耗部品と違い電子機器ですからその時は突然、そしていつか必ずやって来ると思ってしまうんですよ。

理由の第二はDCを実際に使用したことが無いのでそのメリットは伝聞知識になりますが、トラブルレスとか飛距離とか逆風時に強いとか・・・個人的にあまりメリットとは感じません。あくまで渓流に限定した話ですが。


ロッドなのですが私のは現在未販売、ハンドメイド時代のBeams5Mです。
やや胴調子のグラスロッドですが、その名の通り軽量ルアーの低弾道ライナーキャストをスムーズにでき、なおかつ連続トゥイッチも可能なバランスの良いロッドです。

またレングスが5フィートなので渓流ではとにかく扱いやすいです。

5ULは使用したことが無いのですが、上記の性能は5Mを凌ぐようです。
軽量ルアーの扱いやすさやトゥイッチのやりやすさ、アキュラシ―は5Mの比ではない、と製作者の赤塚氏がおっしゃっていました。

Beamsが欲しいということは、渓流でベイトタックルを使用したいということですよね?
そうであればBeamsは期待を裏切らないロッドだと思います。私はどっぷりとハマってしまいました。

わかりにくく長い説明になってしまいました。こちらこそこれからもよろしくお願いします!

ご回答ありがとうございます。

大変為になる話が聞けて良かったです。

今回の釣行記のタックルは右ハンドルでしたね、2つ持っているんですか?

ハンドメイド時代のビームスは5mだったんですね、それもまた貴重で良いですね!

自分も渓流で使用するつもりで考えていました、秋位には揃えたいと思っています、生産も秋頃予定みたいなので。

それと・・・自分の何狙っているか良く分からないブログを見て頂いてありがとうございます、トラウトを本格的に狙っている方には申し訳ないブログですが、今後ともよろしくお願いします。

またコメントさせて頂きます、ありがとうございました。

秀怜丸さん、参考になれば幸いです

秀怜丸さん、こんばんは!

少しでも参考になれば幸いです。

私はカルコンは50を一台しか所有していません。
トップのアメマスとの画像は反転させてるんですよ。51になってますよね(笑)。

入手は秋頃の予定ですか。
Beamsの唯一かつ最大の難点は入手まで時間が掛かることですかね(笑)。

私も秀怜丸さんのブログにコメントさせていただきたいと思います。

重ね重ね二なりますが、これからもよろしくお願いします。



No title

いいトラウトですねぇ
遠征した甲斐がありましたねぇ
自分はチビですがトラウトを釣って喜んでました。
デカいトラウトは遠くに行かなきゃ中々出ませんねぇ

No title

ヒグマの子さん、こんばんは!

私は遠征した上で、なが~い距離を釣り上がらないと良いトラウトに出会うことができません。
そんな苦労をしてもダメなときはダメなんですが(笑)、今回は恵まれました。1尾逃しちゃいましたが(泣)。

次回も同じスタイルでなんとか良型を獲りたいと思います!
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。