スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海サクラ、一応連勝、目的達成

2月9日(日)


前回の釣行で初めて海サクラを釣って以降、頭の中はすっかり桜色

今回はハナっから海サクラに的を絞り、釣る気満々でホームサーフに出撃しました。






前日の予報では朝から1日中雪で、風は朝から東風4~5m、15:00から北東風1m。

雪は仕方がないとして、冬の日本海のサーフに出るのならこの風は言う事なし!・・・ですが憂いも2つ。

 ①9日は全国的に日曜日。私は日・祝日に釣りをしたことがほとんどない。混雑は避けられない?

 ②干潮が6:00で満潮が21:30。その上、潮位変動も小さい。魚の活性は大丈夫か?

そして現地に着いて増えたもう1つの憂い・・・③防寒用インナー2着を家に忘れた!

手痛いミスに強い不安を覚えながら、日の出前の6:30に気温-7℃のサーフAに下り立ちました。

















201429fuukei1.jpg


波がぜ~んぜんありません。ベタ凪です。

海サクラは波を嫌うと聞いたことがありますが・・・これっていいの?

波が高けりゃ高いで文句を言いますが、こう静かなのも嫌な感じがしないでもありません。

しかしキャストしなきゃ始まりません!この日のために初めて購入したニューアイテムを早速結びました。


















201429rua1.jpg

プレスベイト・カムイ110ヘビーウエイト DMピンク



海サクラはミノーやジグミノーのただ巻、もしくはストップ&ゴーで喰わすと聞いたことがある・・・。

前回のサクラはジグのジャークで喰ってきたので、今回は定石通り?の釣り方で喰わせたい!

という訳で購入したジグミノー。ミノーは沢山持ってますが、海で使うとどうにも面白くないのです。






実際使ってみるとジグとミノーの利点を中途半端に備えている感じ。ジグミノーとはよく言ったものです。

予報通りのそこそこ強い東風も手伝って、28gという重量でも気持ちよ~くぶっ飛んでくれます。

ある程度距離が出せて、ある程度泳ぎも良いこのルアー、ファーストキャストで気に入ってしまいました!






しかし小1時間続けるも一向に反応はありません。何となくですが、カラーがまずいような気がしてきました。

私はルアーやカラーを滅多に変えないヘタレルアーマンですが、気分転換も兼ねてカラーを変えてみました。


















201429rua2.jpg

プレスベイト・カムイ110ヘビーウエイト 鮭稚魚



カラーを変えても変わったのは気分だけ。以後も相変わらず何の反応もありません。

早々に反応が無いのはいつものことですが、実績のないルアーで無反応が続くと様々な不安が湧いてきます。

それでもタダ巻を続けていると、「トン、トン」という妙な感触が。ルアーが着底した?そんなわけはありません。

続いて「クン、クン」という感触。魚が付いてるのか?どうなんだ?やっぱり魚が喰っていました!


















201429sakuramasu321.jpg

海サクラ32cm



はっきり言って、すぐにはサクラだとは認識できませんでした。

疑心暗鬼でよ~く見て確認し、やっとサクラだと判別できました。

手は鱗だらけだし、間違いなくサクラだけど・・・一体何なの?このサイズは!!

ヤマメは確か2年魚が春に降海するはず。ですが昨年の春に降海した個体とはとても思えません。

最近降海した少し気の早いヤマメ?でも2年魚にしては大きいし、降海したばかりの3年魚でしょうか?


















201429sakuramasu322.jpg



まあ、いずれにしてもボウズ回避の1尾です。そして・・・一応、本命です。

それに早い時間帯に釣ったことのないルアーで魚を掛けることができ、気持ちに余裕が生まれました。

そして時間はまだまだタップリとあります!あとは「まともな」サクラを掛けるだけです!


















201429fuukei2.jpg



しかし、以後2時間以上完全ノーバイト。

そしてますます凪てきているよう。3才児を遊ばせるにはもってこいな感じです。

いつの間にか激増している釣り人に話を聞いても、誰も彼も「全く反応がない」としか言いません。

インナーを家に忘れた私は寒さに耐えきれなくなり、昼食&休憩のため車に一旦戻ることにしました。






駐車スペースのすぐ近くでは7~8人がロッドを振っています。

様子を見ているとその中の1人のロッドがピクピクし始め、直後からファイトが始まりました。

いい感じでロッドが曲がっています。無事キャッチしていたので、図々しくも近寄って話掛けました。






45cm位の豊満サクラでした。

話を聞くと私と同じ道央圏からの遠征組で、前日からここでやっているとのこと。

前日は不発に終わり、この日のサクラが今シーズン初キャッチだそうです。喜びがこちらにも伝わってきます。

サクラの写真を撮っているので、せっかくだから手持ちを撮りましょう!と私から提案しました。

スマホの画面には満足感に溢れた表情とカッコいいサクラが・・・そして私も元気をもらったのでした。


















201429fuukei3.jpg



時刻は16:00。

休憩終了から3時間完全ノーバイトです。

先程の釣り人から「前日は夕方からバタバタ釣れ始めた」と聞いていたので諦めず粘ります。


















201429fuukei4.jpg



しかし日没まで粘るも最後までバイト得ることはできませんでした。

こうして長い長い1日は朝に釣れたマイクロサクラ1尾のみという結果に終わりました。






釣れたサクラは小さすぎるし、釣れない時間も長すぎたため何だか釣った気がしないというのが本音です。

しかしよくよく考えてみれば、海サクラは前回の釣行で初めて釣った獲物。それが今回も一応釣れたわけです。

そして「ジグミノーでサクラを釣る」という目的・願望も叶いましたし、収穫もあった釣行となりました。

少し前の現実を忘れて生意気な不満を感じましたが、良型は次回に期待して今回はこれで良しとすることにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとう

連勝おめでとうございます(^^♪

そしてジグミノーでゲット、羨ましいいですね~
ジグミノーは私も昨年使いましたが、今一でした
ジグなのかミノーなのか、スプーンの方がいいような?
値段もいいしね!

サクラはこれから、これから(^^♪

私も行きたいな~(;_;)

トルさん、ありがとうございます

トルさん、こんばんは!

一応、連勝と言うことで(笑)。
今回の奴はあまりに小さすぎて、真面目に海ウグイを疑いました。ウグイじゃなくてホッとしましたよ。
私じゃなくても、今回の奴で即座に「よし、小サクラゲット!」とはならないと思います。それ程のサイズでした(笑)。

ジグミノー、スローで巻いてると確かに「スプーンみたい」と私も思いました。
でもある程度の速巻きとトゥイッチ・ジャークでも良い動きをするので私は気に入ってしまいました。
それにしても高い!高すぎる!なんか、ぼられたような気にすらなってしまいます(笑)。貧乏は辛いです(笑)。

次回はなんとか良型獲りたいです。
トルさんはいつ行くの?

またまた出ましたね

本命キャッチおめでとうございます

一日の前半で結果を出してしまうと、その後はどうにも長い一日になってしまいますね(笑)

ウェーダーは交換したとして、インナーは厳しかったでしょう

ラストの浜の写真は冬の北海道とは思えない、穏やかさが伝わります

ozechiさん、小さすぎでした

ozechiさん、こんばんは!

今シーズンの海アメ・海サクラ釣行の最短となる、開始1時間半で釣れました。
しかし小サクラとすら呼べないようなサイズだったので(笑)、以後も真剣に2尾目を狙いました。
時間がタップリあったので1尾は追加できると実は自信があったんです。ところが長~い1日となってしまいました(笑)。

インナーを忘れた事に気付いた時は愕然としました。釣りにならないかも?と冗談抜きに恐怖すら感じました(笑)。
でも天気予報が良い方に外れまくりで、結局雪は全く降らなかったし風も弱まり気温も予想より上がりました。
おかげで助かりましたし、美しい夕日をカメラに収めることができたわけです。穏やか過ぎで釣れなかったけど(笑)。

No title

こんばんは、Nシックスさん。

まずもってサクラの連勝、おめでとうございます。
そして、朝から夕まずめまで釣りができる環境がとてもうらやましく思えます。
仕事も家族も気にせず一日中釣りをしてみたいです(笑)

で、僕もいつか大物を釣って手持ちで写真を撮りたいです。
って、釣ってもいないのにどうやって一人で手持ち写真を撮るかを考えているpranksterでした。

No title

pranksterさん、おはようございます!

驚きのサイズですが、一応連勝です(笑)。

仕事も家族も忘れて1日中釣りに没頭したわけですが、8:00以降はバイトが絶無なのですから参りました。
沢山いた釣り人も皆同じような状況で、天気や風が良くても海はやはり潮や波が重要だと改めて痛感しました。

手持ち写真については私、諦めてます。
魚オンリーの写真でさえ満足に撮れないのに、1人で手持ち写真など私的に論外なのです(笑)。

連勝おめでとうございます

こんばんはー(^^
小さくても、グリーンバックがステキですねー!

道東のオホーツクに注ぐ某河川では、30~40cmサイズが多く遡上しますよ。かせ
河川の環境なのか、海域の環境によるものなのか・・・謎ですよね。

一匹釣れたら次の一匹へ、50cmが釣れたら60cmへ・・・
この意欲がある限り・・・健全な釣り人デス!(笑)

エンゴサクさん、ありがとうございます!

エンゴサクさん、こんばんは!

今回のはサイズ的には尺ヤマメみたいなものですが、それでもやっぱりサクラマスなんですよね~。
同じようなサイズでもヤマメとサクラマスは当たり前ですが全然違いますね。サケ科の魚って面白いです。

私もオホーツクの某河川でサクラの遡上に遭遇したことがあります。
その時は40~60cmが川を埋め尽くすかのようでした。見えなかっただけで30cmクラスも混じってたのかな?

海サクラはついこの前まで夢のターゲットだったのに、釣り人ってある意味どうしようもない人種ですね。
今では行ったら絶対に50cmクラスを1~3尾釣りたいなどと、考えられないワガママを言っているのですから(笑)。

みっけ!

見つけましたよ!
もう1ヶ月半もの間、サクラの顔を拝んでないんで、羨ましいね。

あっそうそう、プレスベイト・カムイのサケ稚魚、その辺りで4月に使ったら大変な事になります(笑)。

Tさん、ようこそ!

Tさん、こんばんは!

昨年までサクラのサの字も知らなかった男が、2釣行連続でサクラの顔を拝めたのですからラッキーですよね。
サイズ云々で文句を言う資格などあるはずもないのに、次回はサイズUPと2~3尾釣ろうと目論んでいます(笑)。

それにしても日曜日のあのサーフはもの凄い人の数ですね~。
今回は仕方なく日曜日に行きましたが、今後は多少条件が悪くても平日に行こうと思いました。

プレスベイト・カムイのサケ稚魚、絶対4月に使ってやる~(笑)。
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。