スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道東渓流釣行2days 7月2日

この日も3:00に起床。

準備を始めていると早く釣りをしたくて、少しずつそわそわしてきます。

何しろ前日に50UPが出てますから。

同じ渓の下流域に移動し、4:00に実釣スタートしました。



「この時間帯はドライに出にくいから、しばらく先行してもいいよ」と従兄。

お言葉に甘えて釣り上がっていくと、目を奪われるような渓相・・・。

どこからでも魚が出てきそうで、はっきり言って楽勝気分でした。

ところが・・・









最初の1尾は1時間も釣り上がってから。




72nijimasu20.jpg




「これから魚の活性が上がっていくんだな!」

と楽観的に思っていたら、2尾目も1尾目から1時間後。





72nijimasu21.jpg


2時間で小虹2尾・・・。

いつもなら「こんなこともあるよな!」「俺が下手くそなんだな・・」

と思うのですが、

目の前の渓相と前日のことを思うと、



どうにも納得できません。




乱れた気持ちはキャストにも反映しました。

直近の岩にルアーを強打してしまい、ミノーの頭部のみを残して木っ端微塵・・・。

こんなロストは初めてです。

軽度のバックラで済んだのだけは幸いでしたが・・。





3尾目は2尾目を釣ってから40分後。

掛った途端に力強く引っ張られます。

入渓して2時間40分後、3度目にしてようやくマシなサイズが掛りました。

水の中の姿からは、34、5cmに見えましたが、

岸際まで誘導し、よりはっきりと見えるようになると40cmを越えていそうです。




「よ~し、もらった!」

と思った直後に川の中央まで再ダッシュ。グングン下流に走り出しました。




しばらく浅瀬が続いているので余裕を持って一緒に付いて行きましたが、

15メートルほど下流に付き合わされ、尚も止まる気配はありません。

下流に目を向けると・・・これ以上は付き合ってはいられません。

やや強引に寄せて、なんとかばれずにネットイン。










72nijimasu45.jpg

45cmのニジマスでした。


思えば普段は単独釣行。

72nijimasu451.jpg


せっかくなので、手持ちを撮ってもらいました。



時刻はもうすぐ7:00。

ここからは従兄が先行して釣り上がります。

しかし・・・



フライにも反応が悪いです。私の時と同様で1時間に1尾のペース。

サイズも出ません。

私はともかく従兄のこのような状態を見て、





72fuukei2.jpg


このような渓相を目の前にしてもほぼ諦めムードです。


珍しく難キャストが1発で決まり、ボサ下したから引きずり出した魚も








72nijimasu22.jpg


「はぁ~・・・・」という感じ。


さらにこんなものまで発見。





72asiato.jpg

ぼけていますが、たぶん小熊の足跡。


それでも従兄は退渓間際に尺上のニジマスをキャッチしていました。



約8キロも釣り上がってこのような釣果ですが、

「また必ず来よう!」

と思える渓、区間でした。

蛇行に次ぐ蛇行。無数の好ポイント・・・。

そして心奪われる素晴らしい景観・・・。


再会とリベンジを約束し、従兄と別れ帰宅の途につきました。

釣り上がった距離は2日間の合計で約17キロ。

疲れましたが従兄と2日共に釣りができて、とても楽しい時間を過ごすことができました。



















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

水量:天候共にコンディション最高だったのですが不思議と
釣果の伸びない納得いかない一日でしたね!

唯一の救いは45センチの虹を捕ってくれた事。

でもポテンシャルの高い渓なのできっと次回はでますよ!

そんな記事を期待してます!

No title

同じ渓とは思えない程の反応の悪さでしたね。
でも、また必ず一緒に行きましょう。
最低でも一回は!

こちらは連日の雨で、量も結構なもの。
回復までには相当時間が掛りそうです。

来週の中頃に、ご存じの渓の未開拓エリアに入る予定です。
釣果の前に、天候が心配です。

プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。