スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大苦戦のニジマスの渓

10月16日


6月・7月・8月・そして10月。

今回は今年4度目の来道を果たした関東在住の従兄と一緒の釣行です。

2人が選択したのは従兄が8月に40UPのニジマスを数本、50UPのブラウンを獲った渓、

と同時に私が9月・10月と過去2回、小型ニジマスの爆釣で終わってしまった渓です。





入渓したのは6:00過ぎ。気温は7℃。

氷点下を記録した地域もある中、この時期としてはまあ、満足な気温です。

水量・水質だけを見ると、否が応でも期待が高まりますが・・・

ウェーダー越しに伝わってくる水温は・・・相当低いです。





さっそくキャストを開始すると数投ですぐに小型がヒット&アウェイ。

開始早々に反応があったことで、水温の低さは杞憂に終わる、と思っていましたが・・・

なんとその後1時間以上ノーバイト・ノーチェイス、全く音沙汰がありません。

1尾目をキャッチしたのはすっかり日が昇った7:30でした。















①121016nijimasu25

ニジマス25cm




「今日は厳しい釣りになりそうだな」

と思っていると、程なくして2尾目のヒット。















②121016nijimasu23

ニジマス23cm





ここから状況が好転か?いえいえ、またしても長~い沈黙が訪れました。

従兄の方も同じような状況で厳しい釣りを強いられています。

しかし従兄は小型~中型などを初めから相手にしていません。

対ランカー専用スーパービックドライフライを使用し続けています。

必然的に尾数は伸びない釣り方、私が釣れないのとはわけが違います。














③121016itoko




「確か、ここで40UP獲ったんだ」 「ここで60UPばらしたんだ」

厳しい釣りが続くも、あれこれ話をしながらの釣りはやはり楽しいもの。

モチベーション・集中力が低下することなく釣り上がることができます。

そうこうしていると、この日の3尾目が釣れました。














④121016nijimasu24

ニジマス24cm




3時間釣り上がって3尾・・・。

過去2度の釣行では嫌というほど釣れた小型がいなくなったかのよう・・。

「これはチャンスだ!小型が喰ってこない分、良型が喰ってくる可能性は高いはず?」

自身の希望が入り混じった都合の良い予測をしていると・・・















⑥121016nijmasu23

ニジマス23cm




この日は早朝から好天が続き、日差しは時間と共に強くなっていきました。

薄っすらと汗ばむ程です。気が付けば水温も体感で2~3℃上がっています。

しかし、同時に風も出てきて、木々が揺れて轟音が鳴る程の強風が時折吹き付けます。















⑤121016fuukei


落ち葉攻撃が始まりました

釣りにならないレベルではありませんが、徐々に確実に増えていきます。

落ち葉を避けながらキャストを続けていると、この日の5尾目がヒットしました。















⑦121016nijimasu33

ニジマス33cm




とりあえず20cm台のみで終わってしまうことはなくなった、安堵の1尾です。

しかし、この後はショートバイトや忘れた頃に小型が釣れるのみ。














⑧121016nijimasu20





時計の針が正午を回った頃、私が散々ルアーを投げ倒しても無反応だったプールで、

「ドバーン」

40cmは楽にあるニジマスがライズしました。

「やっぱり良型いるんじゃん!」

2人の目の前でライズされ、興奮するやら腹立たしいやらです。

ここはまず従兄に任せましたが、何度流してもフライに出てくることはありませんでした。

そして私の出番です!何度キャストしてもライズの主が喰ってくることはなく・・・














⑨121016nijimasu24



代わりに小型が相手をしてくれました・・・。

ライズの主を諦め、ちょっと釣り上がると意外な獲物が釣れました。















⑩121016osixyoro22

オショロコマ22cm




貧果のなかで釣れた渓の宝石!嬉しい1尾でした。

それにしても、同サイズのニジマスと比べると著しく痩せています。

この渓では劣勢に立たされ、思うように餌を捕食できていないのでしょうか?





以降も厳しい釣りが続きますが、良型ライズを見たからには気合が入ります。

しかし依然としてどうにか釣ることができるのは小型のみ。













⑪121016nijimasu23




それでも従兄が脱渓寸前にやってくれました。

ビックフライを浮かせ続けた執念が、最後の最後に実を結びました。
















⑫121016nijimasu41

ニジマス41cm





こうして2人の長い1日が終わりました。

釣果には恵まれませんでしたが、最後に40UP虹を拝むことができました。

風は強かったものの、1日中快晴の下で渓を釣り歩くことができました。

⑬121016fuukei


従兄と2人、

「いや~、今日は遊び倒したな」「何km歩いたんだろ?」

などと言いながら、焼肉屋さんに向かったのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、Nシックスさん。

釣りに、焼肉に最高の一日ですね。
そんな釣りをしてみたいものです。

オショロコマ…釣りたいですね。
久しくお目にかかっておりません。
そして、執念の40up!
見事です。

落ち葉の季節はなかなか難しいはずですが
その釣果は素晴らしいですね。

No title

pranksterさん、こんばんは。

最高!とは正直言い切れませんが、充実した楽しい釣行となりました。
気心の知れた従兄と、極上の肉を頬張りながら1日を振り返る・・・これは最高でしたね(笑)。

オショロコマですが、画像よりも実物は朱色の斑点が鮮やかで、それは美しいものでした。
釣れると思っていなかった宝石を久しぶりに釣ることができて、貧果の中のボーナスとなりました。

この日は落ち葉どころか、折れた小枝が降ってくるほどの強風が時折吹きつけてきました。
そんな中、相手をしてくれた渓魚には感謝しなければいけませんね!

No title

おはようございます。苦戦を強いられたようですね~
でも、そんな中で現れたオショロコマは癒されるんだろうなぁ~と思います。
それにしてもニジマスとの体高差は凄いですね。お腹もペッタンコでNシックスさんの言う通りエサをあんまりとれてない感じですよね
最後に釣れる大きい魚っていうのはそれまでの疲れとかあんまり釣れなかった感じを吹き飛ばしてくれますよね~

No title

ちゃぴんさん、おはようございます。

いや~厳しかったですね~。時期も時期ですし過大な期待はしていなかったですけど、ここまで苦しい展開になるとは思っていなかったです。従兄と一緒だったのが幸いでした。

そんな状況でのオショロコマでしたから恵みの1尾、癒しの1尾でした。

それはそうと、私の釣行は道東方面が主で、時々道北にも行くという感じなのですが、ちゃぴんさんの記事を読み続けていると本気で道南遠征も考えてしまいます。行きたい、行ってみたいフィールドがありすぎるというのも困りますね。
言い忘れましたが57cmのブラウン、おめでとうございます。



癒しの宝石魚

どうも、こんばんは。

オショロコマと言う魚は本当に美しい魚ですね、癒されます。

日々冷え込みも厳しくなり、そろそろニジマスも終盤、いよいよアメマスが面白くなる季節到来ですよ!

オショロコマは美しかった!

かっちんさん、こんな時間ですがこんばんは!

渓魚はどれも美しく思いますが、オショロコマは出会う機会が少ないせいか、釣り上げた時はなんというか、複雑な感動が沸き起こります。

私もそろそろアメマスが恋しくなってきました。かっちんさんのように良い釣り旅をしたいものです。

ブログ変更のお知らせ

度々すいませんが、ひょんな事で仲間の知人である英語圏の人が見るようになったもので、当方のブログタイトルを Northern Trout Fishing に戻しました。
お手数ですが、お暇な時にでもリンクの変更宜しくお願い致します。
そして同時にHNも northerntrout 変更しましたので、今後もどうか宜しくお願い致します。

了解しました

northerntroutさん、完了しました。
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。