スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道東渓流釣行2days 7月1日②

無事に従兄と再会し、早速細かい釣り場選定です。
事前に打ち合わせをしてはいましたが、一緒に釣りをするのは1日と2日。
色々と迷った末、とある渓に狙いを定め、入渓・脱渓地点を決めました。
脱渓地点に私の車を止め、従兄の車で入渓地点に移動します。
釣り終了後に歩いて車まで戻らなくて済むので、気持ちが楽です。


渓に下り、上流に目を移すとなかなかの渓相。
釣れそうな雰囲気が漂っています。
従兄が準備している間にキャストすると、早速ファーストヒット。

「これは期待できる!」

と思いましたが、どうも様子が変です。

それもそのはず、今年初の、久しぶりに見る20cm位のウ○イでした。


従兄も準備が終わり、気を取り直して釣り上がると・・・

期待していた以上にポイントが豊富で、渓相も抜群です。


ところが・・・・・

いくら釣り上がっても、な~んにも釣れません。アタリすらありません。
私のミノーにも、従兄のフライにも。

「いくらなんでも、これはないだろ」と不思議に思うほど、
2人揃って、一切アタリがありません。
釣れない理由を、あーでもない・こーでもないと話し合ってみても、
状況は全く変わりません。

そんな中、餌釣りでも流さないような、ごく小規模なポイントにキャストすると、
まさかのアタリです。そして猛烈に引っ張られます。
良型のニジマスであることは間違いありません。
でも・・・


あっという間にルアーだけ戻って来ました・・・。

やっっっっっっっっっと掛った魚が良型ニジマスだったのに、逃してしまいました。
さすがに堪えました・・・。

ただ、魚は掛ったわけですし、状況は好転しつつあると思い込んで、釣り上がり続けました。

でも・・・以降も一切アタリすらありません。

「こうなったら、足で意地でも釣ってやる!」と決意しましたが、
この思いもしばらくすると無惨に散りました。




前方に先行者の姿を確認してしまいました。
どうやら私達より早い時間帯に、私達より下流から釣り上がったようです。
当然追い抜くわけにもいかず、だからといって彼の後ろを釣り上がり続けるという選択は、金輪際あり得ません。

セカンドヒットがラストヒットに終わり、
予定脱渓地点より遥か手前で脱渓し、トボトボと車まで歩くハメになってしまいました・・。

予定は未定とも誰かが言っていましたが、計画に大きな狂いが生じたため、歩きながら計画の練り直しです。
歩いているうちに時計は15:00を回り、時間も限られてきました。

そして、気持ちに焦りも生じてきます。

①下流、もしくは上流に大きく移動するか・・・。
②2日に入る予定だった別の渓に入るか・・・。

迷いましたが2人とも気持ちは②。血縁なので気心も通じてますし、よって話も早いです。

いくら日が長いとは言え、実釣開始は16:00近くになりそうです。

急いで車を走らせました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。