スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想定外の結果、そして恐怖・・・道東アメマス釣行

3月18日

待ちに待った2012年の初釣行です。

昨年末に苫小牧ボートが2度も中止になったため約4か月ぶりの釣り・・。

長かった・・・。

存分に楽しもうとアメマスに遭いに道東に行ってきました。



現地に到着し、川を見ると開いていたのでまずは一安心。

はやる気持ちを抑えきれず、急いで川に向かいます。

しかし、河原を歩くと一歩ごとに太ももまで、「ズボッ」

今年は積雪が多いのか、雪解けが遅れているのか、

この時期に川に着くまでヘトヘトになるなどちょっと記憶にありません。



休憩などもったいないのですぐに釣りを開始です!

それにしても水が少ない、ポイントが少ない、ポイントが小さい・・・。

よさげなポイントにキャストを続けても一向に釣れません。

アメマスの群れを目視できるポイントにルアーを入れると、

「無視orうざそうに逃亡」です。

まるで夏場以降の溜まりにいる遡上アメマスのよう・・・。

侮っていたわけではありませんが、

春のアメマスにここまで苦戦するのは初めてのこと。

昨年も、一昨年も



11321amemasu55.jpg





10318amemasu50.jpg


これくらいのサイズなら普通に釣れました。

今年は例年のようには、そうそういかないようです。

とは言え、特別な技術や知恵など自分にはありません。

釣れるまでキャスト、遡行を続けるのみです。



そうして釣り上がっていくと、遠く前方から動物の鳴き声が聞こえてきました。

でも、なんか妙・・・聞いたことのない鳴き声です。

「グァ~、ゴァ~」

川は150メートル程先で右にカーブしており、特に変化は見られません。

一体なんだろう?と思い、目出し帽子を脱いで聞き耳を立てると、

「グォ~、ガァ~、グァ~」

と聞こえてきます・・・。

「まさかよ・・・そんなわけね~よな・・・」

再度、じっくり、身動き一つせずに耳にすべてを集中すると・・

「グァ~、ガァ~、ウォ~」



「もう、聞き間違いじゃね~。」

「シカでも牛でも鳥でもね~」

「ヒグマだ・・やばい・・どうしよう・・」


姿は見えませんが、間違いなくヒグマです。あんな声は他の日本の動物には出せません。

もちろんすぐに逃げ出しましたが、車までは遠いです。

とにかく怖くて、何か良い方法はないのかと思いましたが、できることは下流に戻ることだけ。

「こっちには来ないでくれ」

祈りながら、後ろを振り返りながら、下流に戻ることだけ。

感じたことのない種類の恐怖。ひたすら下流に向かいました。

絶え間なく後ろを振り返りながら戻りましたが、幸いこっちに来る様子は一度もなく、

かなりの距離を歩いて、ようやく安全圏と思えるところまで来ました。


12318fuukei.jpg


画面の奥が上流。川は画面の奥左にカーブし、長い直線の後に右にカーブします。

その右カーブの先から聞こえてきました。

熊との距離はどれくらいだったかわかりませんが、かなり距離は開いていたと思います。

「遠くで大声を出している」という感じでした。

ただ、その声が怒声のように聞こえ、それだけで怖かったですが、

「もしこっちに来たら」と思い、尚更の恐怖でした。

昨年、増水した渓流で流されそうになり恐怖を味わいましたが、

今回のケースと比べたら屁でもありません。

とは言え、私のケースは熊の鳴き声を聞いただけ。

熊を目撃したり、遭遇した人にとっては私のケースなど屁みたいなもんでしょう。



こうして入渓地点に無事に戻ることができましたが、

そこではフライマンがロッドを振っていました。

当然、上記の出来事を興奮して話しましたが、

嫌な顔一つせず、話に付き合ってくれました。



私はその後下流に移動し、気を取り直して釣りを再開しましたが、


12318fuukei1.jpg

こんなポイントや





12318fuukei2.jpg

こんなポイントにキャストするも1尾も釣れず・・・。

まさかのボンズで終わってしまいました。



次週も釣りの予定で、もちろんリベンジしないと気が済まないのですが、

今回のことがあるので、何処で何を釣るのか思案のしどころです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして””
大変な経験をしましたね
私も春のオヤジとはご対面の経験がありますが、
生きた心地がしませんでしたねぇ^^^
春は冬眠から覚めたばかりで、腹ぺこか、まだ寝ぼけてるか
どちらかですねぇ・・・それにしても貴重な体験だと思いますよ(^<^)
せめて1本でもアメマスの顔を拝見できなかったのが残念ですね

No title

トルさん、初めまして。
アメマスでボンズを喰らうのも、
ヒグマの怒声?を聞くのも、
ちょっと信じられない「まさか」でした。

ヒグマの存在は常に意識し、用心もしていましたが、
やはりどこかで他人事と思っていたのがわかりました。
貴重な経験・・・ですね。たしかに・・・。
こればかりは経験しないとわかりませんからね。
もう二度とごめんですが・・・。

これからもお互い真面目に用心しながら釣りをしましょうね。
コメントありがとうございました。


プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。