スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの根魚釣り!ド貧果の苫小牧ボート

10月28日

今年はこれまで渓流に行ってばかりで、今回が今年初の根魚狙いになりました。

そんなわけで根魚もボートも約1年ぶり。

私を含めて友人4人で乗船予約の予定でしたが、2名が欠員。

船長に事情を説明すると、他にも1名予約があるので出航するとの有難いお話。

もう、楽しみで仕方なかったのですが、出航前日の船長からの電話は・・・

「離岸堤は良いが、東港はここのところ調子が悪い。」

「乗船人数が少ないため、離岸堤には行けない。」というものでした。

多少はガッカリしたのは言うまでもありませんが、

「少人数でノンビリ釣りができるのは悪くないな。」

「調子が悪いとは言っても、釣れないと決まった訳じゃないし!」

と久しぶりにボートに乗れる喜びが勝り、13:00勇払マリーナ出航しました。




結局、乗船人数は4名。私と友人と他2名はそれぞれ個人で予約された方。

私はとにかく1尾を釣りたいので、迷わずGパルス赤をジグヘッドに装着。

何もかもが久しぶりの感覚!すぐにでも釣れそうな気がして、

やや興奮気味でキャストをするも・・・・・4本のロッドは暫く沈黙。



長い沈黙を最初に破ったのは、幸いなことに私でした。

際っ際にキャストし、リグが着底しリフトしたところで「ゴンッ」とバイト。

リールを巻くと激しく引きます。それにしても重い・・・。

浮いてきた魚体を確認し、思わずニヤリ。「ラッキー!」なんて思っていたら、

ガンガン潜り始め、ボートの下に入られそうになる始末。

なんとか立て直して無事にネットイン。









1029aburako48.jpg

アブラコ48cm


渓魚とは違う、真下にガンガン突き刺さるような根魚特有のファイトを、

1尾目から存分に味わうことができました。



初っぱなからの50弱で私はやっと落ち着き、船中もにわかに活気づきましたが、

以後はまたしても4人揃って長~い沈黙です。

船中2尾目(アブ45cm)は私の友人、3尾目(アブ42cm位?)は私のお隣さん

が釣りましたが、すでにかなりの時間が経過しています。

それに数少ないバイトも際でのみ。かな~り渋い感じです。


この日唯一、瞬間的にバイトが連発したのがテトラ帯の際。

と言っても私はここで2連続のすっぽ抜け・・・。たぶん42、3cmのアブ。

そして私の友人がやってくれました。














1029aburako55.jpg


アブラコ55cm


私同様、友人も1年ぶりの根魚釣りです。

多少慌てながら、そして興奮しながらファイトを楽しんでいる様子。

最後は私がタモ入れをしました。

いや~、羨ましかった!写真ではなかなか大きさが伝わりませんが、

バカでかかった!



そして、またしても長~い沈黙、時折チビガヤ・チビソイが掛るのみ。

友人が46cmのアブラコを追加したのがこの日最後のアブラコ。

結局、船中でアブラコ5尾・・・。

私は最初の1尾だけで終わってしまいました。



否が応でも日暮れ近くからのソイタイムに期待が高まります。

、というより

最低・最悪でも40UPクロソイ1~2尾

これくらいは釣らないと気が収まりません。

そして結果はと言うと










1028gaya.jpg


こんなのや











1028donnco.jpg

こんなの・・・


上記サイズでさえもポンポン釣れるわけでなく、まして良型など皆無。

船中でチビソイ・チビガヤが12~3尾といったところだったと思います。

唯一のハイライトは私の隣のお隣さんが釣った

      60cmのババガレイ!

写真撮影をお願いすると快く了承して貰えましたが、

自分の釣りに夢中になってしまい、結局忘れてしまいました。



今年初とはいえ、過去に何度も経験した苫小牧ボート。

「調子が悪い」とは事前に聞かされていたものの、

ここまでの貧果に終わったことは過去にはなく、全くの想定外。

日中もそうですが、特にあれほど釣れないソイタイムには参りました・・・。



さて、天気予報によると今週も好天が週末まで続きそうです。

いよいよ終盤の渓流か、根魚リベンジか。

思案の真っ最中です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。