スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6㎞遡行し2尾のみ・・・されど嬉しい2尾!!

10月21日

道東アメマス河川or道東ニジマス河川、はたまた両河川とも行くか・・・。

出発直前まで散々迷いました。

理由は簡単。どっちも釣りたいし、どっちも良型を釣っていないから。

(私的にはアメマスは50cm~。ニジマスは40cm~が良型部類)

前日まで宿直勤務のため、両河川釣行はちとキツイ・・・。

結局ニジマスに狙いを定めて出発しました。




現地付近で車中仮眠をしていると、猛烈な寒さで目を覚ましました。

時刻は5:30。車載温度計を見るとマイナス3℃

「日中の最高気温は14℃。朝の最低気温は4℃って言ってたじゃねーかよ!」

と天気予報に文句を言ったところで、すぐには気温は上がってはくれない・・・。

さすがに日の出時間に入渓する気にはなれず、ヒーターをMAXにして待機です。

「どうせもう眠れないし、入渓地点で待機するか。川の様子も見たいし。」

と思い、行ってみると驚きました。先客の車がすでに止まってました。

橋上から川を見ると、車の主と思われる釣り人が準備しているのが見えます。

仕方がないので3㎞程上流、10/1に小虹を爆釣した区間まで移動しました。




日が昇り始め、すっかり明るくなっても、温度計は依然としてマイナス3℃

「入渓してもクソ寒いし、なにより魚が釣れるわけがない」と思い待機を続けるも、

下流から餌釣り師が上がってきてるのを知っているので落ち着きません。

結局、7:00までしか我慢できずに入渓してしまいました。




ある程度の寒さは想定し、ある程度の準備はしてきましたが、氷点下は想定外。

寒いのなんのって・・・川で転倒なんかしたら間違いなく大惨事です。

キャストが安定していたのは初めの10分だけ。

凍えた手を温めるのに時間が割かれてキャスト回数も激変。

サミングしていても親指の感覚がなくなってくる・・・。

ノーバックラなのにルアーが飛ばないと思ったら・・・ガイドが凍ってる・・・。

とにかくサ・ム・イ!




我ながらバカだな~と思いつつ、チンタラ遡行を続けていると徐々にですが気温

が上がって来ました。そしてついにファーストヒット!











1021nijimasu47.jpg

ニジマス47cm


いや~、嬉しかった!

メジャーーを50cmに固定し、計測してみるとどう計っても50cmには3cm足りま

せん。でも、久々の40UPが体高のある50cm弱。嬉しい1尾でした。

下流の大きな深みに何度か突っ込まれてヒヤヒヤしましたが、なんとか回避。

寄せては走られを何度も繰り返し、5分程かけてキャッチ出来ました。

良型が掛ると慌ててしまう傾向がある自分ですが、

寒さで脳機能が低下していたのか、落ち着いてファイトを存分に楽しむ事が出来

ました。




ファーストキャッチのこの1尾ですっかりやる気になりました。

しかし事はそう簡単ではなく、

期待とは裏腹にアタリのない時間が再び続きます。

そうこうしていると後ろから妙な物音・・・。

驚いて後ろを振り返ると、なんのことはない、2匹のキツネでした。

ホッとしていると1匹が少しずつこちらに近づいてきます。








1021kitune.jpg


良型を1尾釣った余裕と、アタリのない退屈さから1枚パチリ。



そしてようやくのセカンドヒットは、1尾目から1時間半後。

トゥイッチングを止め、ボッ~としながらルアーを回収している時でした。

ふと川に目を移すとなんと・・・・

一匹の魚が、ただ巻き回収中のルアーを追ってきてるではありませんか!

それも結構な良型。「ドキン」と心臓の音が聞こえそうなほど驚きました。

慌ててトゥイッチを開始すると幸運なことに直後にバイト!

そして急反転し、一気に走り出しました。

でも、なんか妙・・。走り回るのですが、時折停止してその場で暴れたりします。

2~3分ほどやり取りしてキャッチしたのが











1021buraun48.jpg

ブラウン48㎝


またしても2cmほど届きませんでしたが、綺麗で立派な魚体!

目の前で一部始終を見ることができたこともあり、満足な一尾でした。



このころになると予報通り、すっかり温かくなっていました。

朝の寒さが嘘のようです。

当然のように期待を込めてキャストを続けましたが、以後は小物も外道も、

ただの一尾も掛けることなく予定退渓地点に到着してしまいました。




前回、同区間を遡行したときは小物の爆釣で良型は0尾。

今回はあれだけいた小物が1尾も掛からず、良型が2尾のみ。

・・・・わからないものです。

たった2尾、それも1尾は完全にラッキーな1尾ですが、

シーズン終盤で自分なりに満足な釣りができました。

そしてこの日は十分な体力と時間を残し、ゆっくり帰路に着きました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もしかしたら

おめでとうございます!

47の虹ですが、もしかしたら私が8月に釣った虹
と同じかもです。
とても似てますよ!

そうだとしたら・・・

ドライフライにもシンキングミノーにも反応してくれる、

釣り人に優しい虹と言うことになりますね!

来年も是非ご一緒させて下さいね。
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。