スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思惑外れて、ギリギリ40UP虹

6月28日(土)


「次回は別の渓を訪れたいと思っています。」

と前回の釣行記事を結んだのですが、また同じ渓を訪れてしまいました。

前々回そして前回の釣行での忘れ物を獲りに・・・そう、50UP虹を獲るためです。

同じ渓で2度続けて逃したままではやはり具合が悪い・・・ということで3:30に入渓しました。






今年訪れた中では一番の渇水、さて魚のご機嫌はいかがなものか?

・・・ご機嫌もクソもありません。行けども撃てどもバイトもチェイスもありません。

のっけからしんどい展開ではありますが「良型は必ず潜んでいる」という根拠ある自身は揺るぎません!

なので慌てずのんびり続けているとやっと1尾目が掛かりました。入渓1時間以上経過後の初HITです。
















2014628yamame1.jpg

ヤマメ23cm



今年の初ヤマメ。過去2釣行では一切姿を見せなかった獲物です。

銀毛化が始まってるようで白銀の鱗がポロポロ剥がれ落ちます・・・ってここは道東!

ヤマメはまだ未解禁の獲物、どちらにせよ即リリースです。そして程なくして2尾目がHITです。

















2014628yamame2.jpg

ヤマメ23cm


またまたヤマメ。狙いの獲物とは違いますが、やっと活性が上がってきたか?

いえいえ、以降は散発的にロッドが曲がるようにはなりましたが「高活性」という感じではありません。

















2014628nijikogata.jpg


「ここぞ!」というポイントでの空振りが多く、釣れても20cm前半です。

さらに全体的に掛かりが浅く、巻いてる途中や釣り上げた途端に外れることも多いのです。
















2014628niji31.jpg

ニジマス31cm


本日初の30UPです。次は40UP、否、50UPを目指して釣り上がります。

ところがこの後、2度にわたって悲しい出来事に遭遇することになってしまいました。



















・40前後の虹が喰ってきたが、ものの2~3秒でフックアウト・・・。

・50前後の虹が喰ってきたが、ジャンプ一発~着水数秒でフックアウト・・・。






いずれも掛かりが浅く、まともなファイトになりませんでした。

とても残念ですが、こういうケースでは「魚の機嫌が悪かった」と諦めるしかありません。

とは言え、いずれもこの目で見たわけですし1尾は50cm級。やるせないったらありません。

と同時に、「どうしてガツンッ、と喰ってこね~んだよっ!」と怒り狂ったのも事実です。






以降も諦めずに良型を狙い続けますが、もうノーチャンスな気がしてなりません。

ヤマメはあれっきり姿を見せず、釣れても小虹オンリーという展開が続きます。

するとめったやたらと走りまくる虹が掛かりました。猛スピードと言う言葉がピッタリです。



















2014628niji37.jpg

ニジマス37cm



魚体のコンディションの良さと美しさは抜群ですが、やはりサイズがもの足りません。

狂ったように走り回るファイトも素晴らしかったのですが、重量不足のためこれまたもの足りません。

そしてこの1尾が期待の6km区間での最大魚、いつも脱渓する橋の下に到着してしまいました。






いつもなら一旦退却し車で別区間に移動するのですが、この日は2km先にある魚止めまで続けることにしました。

この先の2km区間はもう随分長いこと入ってないですし、もしかするともしかするかも?なんて思ったからです。






橋をくぐって歩いていくと意外なことに、足跡が全然ありません。

近日中の入渓者はいないということを意味するので、期待が少し膨らみます。

待てよ・・・釣り人が来ない程の荒れたフィールドになってしまったのか?いやいや前回も車が止まっていました。

とにかく行くと決めたのですから前進あるのみです!すると程なくしてこの区間の1尾目が釣れました。


















2014628ame33.jpg

アメマス33cm



虹もヤマメも綺麗ですが、やっぱりアメマスも綺麗!ちょっと嬉しい1尾です。

と喜んでいられたのは束の間でした。以降は朝イチ同様、ぜ~んぜん魚が釣れないのです。

そんな無反応が続く中、やっと2尾目が掛かりました。ジャンプをくれたそいつは40前後のブラウンです!

ところが・・・着水して数秒であっさりポロリ・・・またしてもまともにファイトをさせてもらえませんでした・・・。






「今日これ、何回目よ・・・」

訪れる少ないチャンスは全部浅掛かり・・・正直もうお手上げです。

それでもクタクタになりながら魚止めまで続けました。結果、2km歩いて釣れたのは3尾のみ。


















2014628niji30.jpg

ニジマス30cm



足で釣果を稼ぐ手法は通用せず、久しぶりに入った区間も酷い結果になってしまいました。

しかし歩かずして釣果を得ることは私には無理です!4km区間を目指して車で移動を開始しました。






駐車スペースには幸い車はありません。叩かれた後とは思いますが、とりあえず先行者はいなくてホッとします。

入渓するとそこはもう足跡だらけ・・・足跡はこの際かまいませんが、足跡と比例するかのように反応がありません。

歩いても歩いても歩いても歩いても、忘れた頃にウグイが掛かるだけ。1尾としてトラウトが掛かりません。



















2014628fuukei.jpg



脱渓予定地点からわずかに下流のなんてことはないポイント。

もうこの頃になると「魚を釣ろう」というより「あそこにミノーを入れよう、落とそう」という意識です。

ところが、こんなところに虹が潜んでいてくれて、ミノーをガッツリ喰ってくれた上、ビュンビュン走ってくれました。


















2014628nijimasu40.jpg

ニジマス40cm


やや細身のギリギリ40UPですが、まるで砂漠でオアシスを発見したかのような気持ちになりました。

そして湧き上がる満足感と安堵感・・・。今日の展開でこれ以上を望んではバチが当たるというものです。










2014628kogata2.jpg



同ポイントで追加した小虹です。

そしてこの1尾が最後の1尾となり納竿としました。結局4km釣り上がって釣れた虹はたったの2尾でした。






50UP虹を獲るための遠征はギリギリ40UP虹1尾という結果に終わりました。

まあ、期待大の早朝の6km区間で獲れなかった時点で、すでに思惑は大外れなわけです。

それでも総距離12kmの遡行をした私に、渓の神様は最後の最後にささやかなプレゼントを用意してくれていました。

ジャスト40cmとはいえ、これが釣れると釣れないとでは私にとっては大違い・・・愛おしい40cm虹に大感謝です!
スポンサーサイト
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。