スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今季初の渓流ベイトはプチ遠征

5月22日(木)


「短時間しかできないのなら、行かない方がマシ」

私の持論なのですが、まとまった時間を確保できない日々が続いたため、無理やり短時間釣行を決行しました。

そんな訳で、今季初渓流は数あるホームへの遠征ではなく、自身初となる準メジャー河川へのプチ遠征となりました。





魚影の濃いロープレッシャーな渓に慣れきっている私ですので、今回は好釣果は望まないことにしました。

とにかく渓でBeamsを振る、そして何でもいいから渓魚に会う、その上で良型が出ればラッキー!という感じです。

そして何より、「痛めた両親指でベイトタックルを振り続けたらどうなるのか?」を知ることも今回の重要な目的です。





入渓したのは11:00過ぎ。キャストを開始するとすぐに左手親指に違和感を覚えました。

そして10キャストを越えた辺りから違和感は明白な痛みに変化しました。恐怖にも似た危機感が募ってきますが・・・

















2014522iwana26.jpg


イワナ26cm



開始から程なくして、あっさり今季初の渓魚が釣れてくれました。

長らくサーフトラウトに興じてきましたが、この1尾で渓流ベイトのミノーイングの楽しさが瞬時に蘇ってきました。

そして恐る恐るキャストをしているうちに痛みが軽くなってきました。「これならいける!」とテンションが上がります!





初の渓はやはり新鮮で、次々と現れる好ポイントに心が躍ります・・・がさすがにメジャー河川。

ホームならポンポン魚が出てくるようなポイントでも空振りが続きます。予想通り甘くはありません。

それでも久しぶりの渓流だからでしょう、釣れなくてもさほど苦になりません。そしてやっと釣れた2尾目。
















2014522niji15.jpg

ニジマス15cm





今季初のニジマスは、喰ってきたことにもフッキングできたことにも驚く正真正銘の稚魚でした。

「稚魚がいるなら、御両親や年の離れた御兄弟もいるだろう」と気を取り直し、これまたやっと釣った3尾目。
















2014522iwana20.jpg

イワナ20cm





2~3尾出てきてもおかしくないような大場所も結構あるのですが、釣果は一向に伸びません。

まあこんな展開は想定していた事、ポツポツ釣れてくれるだけでもありがたい、ってな感じです。

と同時に、素晴らしい渓相と生命反応が反比例している事に不満も感じます。そして釣れた4尾目。

















2014522niji26.jpg

ニジマス26cm





この1尾を釣ってからは良型のニジマスに対する期待が高まりました。

しかし以降も展開は何ら変わらず、おまけにこれまで鳴りを潜めていた左手親指の痛みが復活してきました。

断続的に感じる痛みを堪えながらキャストを続け、どうにかこうにか追加できたのが以下の2尾です。

















2014iwana201.jpg






2014522iwana202.jpg





ということで、約3時間の遡行の結果はイワナ×4、虹×2、計6尾でした。

数もサイズもでなかった渓流初釣行でしたが、それでもやっぱり渓流は最高です!

好天の空の下、緑のトンネルを歩きながら、久々の渓流ベイトを満喫したのでした。





そして両親指に関することで、今釣行ではっきりしたこと。

 ・カルコンのリーリングに関しては全く問題なし。

 ・長時間のベイトキャスティングは厳しい。特に遠投時に掛かる負担は大きい。

 ・釣行後半に良型の虹が掛かった場合、親指ドラグで対処するのは厳しい。





ベイトロッドを操ると左親指が痛み、スピニングロッドを操れば右親指が痛む・・・。

どっちにしろ私が大好きな「トラウトルアーフィッシング」をすれば痛くなるということです。

完治までおとなしくしているのが一番良いのですが、この感じだと「完治」までには相当の時間が掛かりそうです。

渓流ベストシーズンにそんな悠長なことはやってられませんので、近いうちに「良型ニジ」を狙いに行こうと思います!

スポンサーサイト
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。