スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行終盤でやっと出たが・・・

8月14日


従兄との釣行2日目。

この日は従兄が一昨年に50UP虹を釣った渓、私にとっては初となる渓に行ってきました。





入渓したのは5:00。その途端に「なんだか随分水が少ないな~・・・」と従兄。

従兄から不安そうな声が漏れるも、50UPの実績がある、私にとっては初の渓に心が躍ります。

そして何と言っても水がとてつもなく綺麗で、しかも真夏とは思えない程の涼とした水温なのです。





しかし従兄の予感は的中したようで、なかなか2人にアタリはありません。

そんな中、やっと釣ったファーストフィッシュは20cm前後の小虹・・・従兄も同様です。

そして行けども行けども釣れず、忘れた頃に小虹が掛かるという感じ。まぁ~釣果が伸びません。





続けて遡行していると、「ここにはマシなのがいるだろ?いてくれよ!」というポイントに到着。

期待せずに期待してミノーをキャストすると「ドン!」とアタリが!そして虹らしい疾走を開始しました!

引きと重量から30cm以下はありえません。やっと掛かった小型以外の虹に必死になってしまいました。




















2013814nijimasu38①

ニジマス38cm



久しぶりに釣れた30UPです。

「40cmに届いてくれ~」と願いながら計測するときは、だいたい40cm弱です。

ですが魚体は頭から尾ビレの隅々まで「美しい」の一言!(画像は幾分曇ってしまいましたが)。

その上、3釣行連続で20cm台の虹しか釣っていないのですから、かな~り満足してしまいました。





次は40UPを、できれば50UPを目指して釣り上がります。

暫くするとそれほど大きくはないのですが、水深が楽に3メートルはあるプールが現れました。

従兄がドライフライを送り込むと「ガバッ!」と出ました。そしてビックファイトが始まりました!




















2013814nijimasu52②

ニジマス52cm



バカでかい尾ビレを持った、輝かんばかりの50UPでした。

2人して感激したのは言うまでもありませんが、計測・撮影を終えた従兄から驚愕の言葉が飛び出しました。




















「もう一回り小さいのと、もう一回り大きいのがいるぞ!」








































「なぁ~~にぃ~~~!!」

と心の内で叫ぶと同時にすぐさまキャストを開始しますが、何をしても一向に反応は無し・・・。

私に変って従兄がフライを送り込んでも全く反応は無し・・・残念ですが諦めて遡行を再開しました。





2人とも興奮冷めやらぬまま進んでいきますが、アタリはほとんどありません。

そして前方に2人組の釣り人の姿を確認したところで、この渓を後にしました。





予定外の脱渓を余儀なくされましたが、第2プランを用意していたのでそれほど困りません。

前日は増水して濁っていた、新たに開拓した渓・・・状況の好転を期待して車を走らせました。





現地に到着すると水量はかなり落ち着いた感じ。何より濁りがほぼ取れています。

予想以上の回復ぶりにテンションが上がります。いても立ってもいられず急いで入渓しました。





前日よりはるかに楽な遡行です。釣れる雰囲気がそこら中に漂っています。

しかし期待はアッサリと裏切られました。行けども打てども何の反応もありません。

状況と釣果が反比例しています。私も従兄もなかなか1尾目を釣ることができません。

体はそれほど疲れませんが気持ちが萎えてきます。かなりの時間を費やして、やっと1尾目が釣れました。




















2013814iwana34③









2013814iwana34④



イワナ?アメマス? サイズは34cmです。

イワナなら尺イワナ!となりますが、アメマスなら極小アメマスとなります。

どうもアメマスくさいですが、どっちにしてもやっと釣った初めの1尾がこれでした。





以後も反応は悪く、小虹や正真正銘の小イワナが忘れた頃に掛かかる程度。

そしていつの間にか未開拓区間に入っていました。でも反応は変わりません。

そんな中、長いこと歩いてやっとまともな魚が掛かりました。間違いようがなくニジマスです。




















2013814nijimasu37⑤

ニジマス37cm



メジャーを当てるまでもなく40cm未満なのはわかりました。

残念ですが、喜んでいる自分もいます。このサイズで嬉しい時は苦戦している証拠です。





「今日はこれが限界かな?」

という気持ちのまま釣り上がっていくと、かなりの大場所が現れました。

落ち込みから深さ3~4メートル程の流れがトロ~ンと続く、期待できるポイントです。





手前から撃ちたくなりますが、小虹を掛けて荒らされたくはありません。

でも手前も十分すぎる深さがあり魅力的なポイント・・・迷いながら奥に遠投をかますと・・・





























「がばっ!!!」

ミノーの着水と同時にバカでかいニジマスが水面を割りました!

でも・・針掛かりすることなく・・・水中に去って行ってしまいました・・・。




















 






「クッッッッッソッ~~~~~~」

渓に私の大絶叫が響き渡りました。

喰ってくれなかったニジマスに、喰わすことができなかった自分に腹が立ちました。

運の無い自分に、腕のない自分に腹が立って仕方がありませんでした。

周りを飛び回るアブに「死にて~のか、コラっ」と大声を張り上げる始末です・・・。





かる~く50cmを超える魚体、へたしたら60cmあったニジマスです。

着水と同時にミノーに喰ってきた虹・・・どうやっていたらフッキングできたのか・・・。

せめて1トゥイッチをさせてくれたら・・・トップの釣りの未経験さが弊害となったようです。





こうして従兄と過ごした2日間が終わりました。

いろいろな事がありましたが、多くの収穫がありました。

そして今は「あの渓のアイツも、あの渓のアイツも・・・待ってろよ!」という気持ちです。

早いとこ大型虹をやっつけて道東アメマスをやりたいのですが、どうなることやら・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。