スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニジマスの美渓とイワナの美渓

7月23日


今回は前回行くことができなかったニジマスの美渓に行って来ました。

そこはヒグマの濃密生息地域・・・ちょっとビビッて4:30に入渓しました。











2013723fuukei.jpg



約1年ぶりに訪れましたが、相変わらず心が洗われる美渓です。

魚のご機嫌はどんなものか?ワクワクしながらキャストをするとすぐに釣れました。

















2013723koniji①





しつこく同じポイントを攻めても反応はこれっきり。

次なるポイントに移動するとここでもすぐに釣れました。

















2013723koniji②


















2013723fuukei②



少し歩くとこんな感じのポイントが次から次と現れます。

















2013723noniji③





ポイントというポイントで釣れるので、順調に尾数は伸びていきます。

しかし各ポイントで釣れるのは1尾、それも小型。30UPすら混じらないことに不満と不安を感じます。





そうこうしているうちに、アタリがパッタリと無くなってしまいました。

変わらず現れ続けるどのポイントも、いくらキャストしても無反応が続きます。

「30UPすら釣れない」なんて文句を言う余裕など綺麗に無くなり、強い不安を覚えます。

あまりにも釣れないため、とうとうパンサーマーチン7g・・・スピナーを結んでしまいました。

















2013723koniji④




2013723koniji⑤



「スピナーに変えたらアタリが増えた!」

と言えるほどアタリがあるわけではなく、いいだけ空振りしてやっと2尾です。

スピナーは私的にどうしても面白みに欠けるため、釣れなくてもミノーでいくと開き直りました。

すると本当に不思議なものです。何故かはわかりませんがミノーにアタリが出始めました。

















2013723noniji⑥




2013723koniji⑦



以降はポイント毎とはいかないまでも、ポツポツと小型が出始めました。

「狙ったところにキャスト」 「あそこでトゥイッチ!」 「思った所でドカン!」

やっぱりミノーイングは面白いです。スピナーを結んだことで気分転換と再確認ができました。





30UPすら釣れていないという現実は変わりません。

しかし意外なことに、小型を釣って楽しんでいる自分がいます。

「久々の30UPも釣れない釣行」になりそう・・・こういう日もいつか来るさ・・・

気分転換が効いているようです。好ましくない現実を受け入れる準備ができてしまいました。















2013723nijimasu37.jpg

ニジマス37cm



諦めたのとは少し違う、「今日はたぶん無理だな」と思っていた30UP。

やっと釣れた30UPがもう少しで40cm?の太くて綺麗な魚体。

期待の渓で想像すらしなかった経過を辿ったこともあり、嬉しい1尾となりました。





小型をポツポツ追加しながら釣り上がると、予定脱渓地点である橋が見えてきました。

予定ではこの時点で40UPを2~3尾釣っており、脱渓後は別区間をやるというもの。

脱渓地点を見てしまうとやはりと凹んでしまいます。すると目測35~36cmの虹が掛かりました!


















2013723nijimasu41.jpg

ニジマス41cm



ネットに入れた魚体を見てまず思ったのは、「綺麗だけど随分細い虹だな」というもの。

そしてメジャーを当てて驚きました。どう計っても40cmを越えています。嬉しい驚きです。

「やっぱり細い魚は小さく見えるな~」なんて思いながらも、歓喜したのは言うまでもありません!





「この先にまだ40UPが潜んでいるだろう」という魂胆で予定を変更。

2尾目の40UPが出るまで、未体験ゾーンを釣り上がることに決めました。

















2013723fuukei③



橋を通過して現れた最初のポイント。

40cmを超えていそうなニジマスがペアでウロウロ泳いでいるのが見えます。

いかにも釣れなさそうですが当然狙います。しかし試行錯誤を繰り返すもミノーを完全無視です。














2013723fuukei④



ここでは20~30cmのニジマスが数尾泳いでいるのが見えます。















2013723koniji⑧



こういうのはアッサリと釣れます。

珍しくボディフックに喰いついてきました。





それにしてもポイントが豊富でポイント間の距離が短いです。

飽きない程度に小型が釣れ続けていましたが、しだいにアタリが遠のいてきました。







2013723fuukei⑤



ちょっと歩くと好ポイントが目に写るので、結構な距離を釣り上がってしまいました。

戻ることを考えると気が遠くなるし、なにより携帯も圏外なヒグマ地帯で一人きりです。

そろそろ脱渓しなければと思い、「次で良型が出なかったら止めよう!」と決めました。

















2013723koniji⑩



2尾目の40UPは諦めて脱渓しました。

車に戻ると時刻は12:30。一体何km釣り上がったのでしょうか?





多少予定は変わりましたが、車で次なる区間を目指しました。

ところが予定していた入渓地点はどこへ行っても車が止まっています。

そこで計画を変更。昨年開拓したっきりになっているイワナの美渓を目指しました。
















2013723fuukei⑥



到着したのは14:30。

ここに来たのは素晴らしい渓相とイワナに癒してもらうのが目的です。

















2013723iwana①




目論見通りにすぐにイワナが遊んでくれました。

昨年訪れた時はイワナの爆釣!良いサイズも出たので期待して釣り上がります。

















2013723iwana②



これくらいのサイズのイワナがポツポツ釣れます。

良いサイズは出ませんし爆釣ともいかないですが、とっても癒されます。















2013723fuukei⑦



ここでは小イワナのプチ爆釣!















2013723iwana③



小イワナの7~8連発です。

ほとんどがボディフックに喰ってきます。ニジマスとは正反対です。
















2013723iwana27.jpg

イワナ27cm



この日の最大サイズはこの細い27cm。

1尾くらいは尺超えが出ると思っていましたが、そうはいきませんでした。

それでも多くのイワナ達に遊んでもらい、満足して納竿とし長い1日を終えました。





今回もビックワンを獲ることはおろか、掛けることもできませんでした。

それでも何とかギリギリ40UPのニジマスを1尾釣れたことが救いとなりました。

次回の釣行計画はもう出来上がりつつありますが、かなりハードな釣行になりそう・・・。

今から楽しみで仕方がありません!
スポンサーサイト
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。