スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濁りの中でのトラウト4種目、釣れてくれた渓魚達に感謝!

6月26日


先日の釣行の終了時から決めていました。「再度、絶対訪れよう」と。

従兄と共に釣り上がり、従兄が見事、54cmニジマスを仕留めた渓です。

それはもう張り切って、まだ薄暗いというのに3:30に入渓しました。





すぐに異変に気づきました。前回より減水しており、その上、軽く濁りが入っています。

そして有望ポイントに着いて唖然としました。深場ほど濁りは濃くコイやフナでもいそうな雰囲気です。

期待していたような1日にはとてもなりそうにない感じですが、この渓と心中することに決めました。

ところが驚いたことに、濁りの強い深場から明確なバイトが!そしてすぐさま疾走を開始しました。

















2013626nijimasu30①

ニジマス30cm



魚にはルアーが見えていることはわかり、ちょっとだけ不安は解消されました。

ですが「今のマグレなんじゃないか?」という思いが強く、なかなか素直に喜べません。

というのも、濁りの中からニジマスを引っ張り出したという経験が私にはほとんどないのです。





以降も深さのある有望ポイントは例外なく濁りが入っています。

そして思った通り、そのようなポイントからは反応が得られません。

そこで期待薄の浅めのポイントにルアーを送り込むと、2尾目がヒットしました。



















2013626iwana20②

イワナ20cm



正直言って、釣れるだけでもラッキーと思えるような状況です。

「今日はこういう釣り方でやっていくしかないのかな?」

と思うものの、これでは良型が掛かる気はしませんし、濁りがあるとはいえ深場も無視できません。

しばらくどのポイントからも魚信が無い中、辿りついた有望と思えるポイント。

濁りのある深場にキャスト、トゥイッチを繰り返していると何度目かに「ガツン」ときました。

















2013626buraunn35③

ブラウントラウト35cm



40cmには遠く及ばないものの、嬉しい1尾でした。

「濁っていても、しつこくキャストすれば、なんとかバイトに持ち込める魚もいる!」

「運しだいで、良型だって掛かるかもしれない。否、掛かからないはずはない!」

今起こった出来事をポシティブに拡大解釈し、かなり弱気を払拭できました。



















2013626iwana17④

イワナ17cm

















2013626nijimasu26⑤

ニジマス26cm



小型がポツリポツリと掛かります。イワナが混じる事が妙にありがたいです。

「今日の釣果は多くは期待できない・・・釣れた魚は全部撮影しよう。」

前日がウグイの猛攻という結果も影響しているのか、簡単に弱気になってしまいます。





入渓して2時間が経過。水深のある緩い流れが30m程続く、有望と思えるポイントに到着しました。

しかし、ここまで類似したポイントで何度も空振りをしているため、「ワクワクキャスト」とはなりません。

出来る限り遠投し、ミノーを目一杯沈めてからのトゥイッチ・・・これを何度も繰り返していると・・・・・





















「ドンッ!」ときました!



















2013626nijimasu41⑥

ニジマス41cm



「今日はもう、この1尾で十分!」 

これが正直な、キャッチした時の偽らざる気持ちでした。

どう強がってみても、濁りが強いという状況には変わりはありません。

入渓そのものが無謀と言えるような水の色、「前回が好釣果だった」だけが入渓の理由です。

僅かな可能性に賭けて釣り上がり、運良く40UPを釣ることができた貴重な1尾となりました。





完全に満足しましたが、ポイントまだ続いています。

3~4mだけ上流に移動し、釣れる気がしないまま再度同じように遠投を繰り返していると・・・

















「ドン」

とまたしても良いバイトが!

先程のニジマスも良い引きでしたが、今度の奴は一味も二味も違います!

ガンガン引っ張られてヒヤヒヤさせられましたが、何とかキャッチできました。




















2013626nijimasu40⑦

ニジマス40cm



「あれ?さっきの奴より小さいのかよ!」

これが正直な、メジャーを当てた時の偽らざる気持ちでした。

とは言えこれまた貴重な1尾、思ってもみなかった嬉しい2尾目の40UPとなりました。





状況は・・・否、40UP2連発で心境は一変しました。

「もう一回り大きい奴、できれば50UPを・・・」

満たされた心に余裕が生まれ、自信と欲と当初の目的が復活しました。

以降は「いつ良型が掛かってもおかしくない!」と思いながらのキャストです。



















2013626iwana20⑨

イワナ20cm

















2013626nijimasu33⑩

ニジマス33cm

















2013626iwana18⑪

イワナ18cm

















2013626nijimasu29⑫

ニジマス29cm



頑張ったのですが、そうは甘くはなかったのでした。

濁りの強い流れの中からはやはりバイトは少なく、数も型も伸びません。

















2013626yamame20⑬

ヤマメ20cm



今シーズン初のヤマメを釣って、予定脱渓地点に到着。

午後からはどうしても外せない用事があるため、8:30に納等としました。





期待の渓が減水して濁りがあるという、かなりガッカリな遡行となりましたが、

尺越え3本、アラフォーニジマス2本をなんとか釣ることができました。

この日の条件としては十分納得の、運にも恵まれた満足できる釣行となったのでした。

50UP虹も釣りたいけど、そろそろ50UPアブラコも・・・次回は何処に行こうか思案中です。

スポンサーサイト
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。