スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低最悪ニジマス釣行

9月11日


グダグダな1日でした・・・











今回は朝一ではなく正午近くからの釣り。

雨が降ったので、色々考えた末に先週様子だけを見たホームの渓へ。

渓の状態は軽く濁りはあるものの、水量は先週より増してちょうど良い感じ。

入渓30分後に1尾目、20cmのニジマス。















911nijimasu20.jpg










その20分後に2尾目、26cmのニジマス。


911nijimasu26.jpg





その後の1時間はウグイと20cm前半のニジマスが交互にぽつぽつと・・・。

期待を込めて順調に釣り上がっていくと・・・













甲高いサイレン音が長々と響き渡り始めました














「まずい・・・ダムの放水だ・・・」

「これからって時に・・・クソッ」






さてどうするか・・・

結構な距離を釣り上がっていたので、行くも戻るも中途半端。

本来ならばサッサと脱渓するべきなのはわかっていましたが、

主要ポイントのみを打って急いで釣り上がることにしました。

どうしても上流にある好ポイントをやりたかったのです・・・。





大場所のみを急いで攻めるも、小型が1尾出ればいいほう。

反応は悪いしチンタラやっている時間はない・・・

気持ちばかりが焦ってしまい、やってしまいました。















911baxtukura.jpg


かつて無い程の最大級のバックラッシュ・・・





気持ちはますます焦るばかりです。

焦れば焦るほど、準備を整えるのにやたらと時間が掛かってしまいます。

ようやく戦闘態勢に入り、渓に目を移すと・・・・









いつの間にやら、大増水の激濁り・・・




もう釣りどころではありません。

この時点で脱渓をようやく決断しました。

しかし・・・




水が多すぎて下ることも上ることも、渡ることも不可能に・・・

藪漕ぎすること30分、なんとか道道〇〇線に出られました。

藪漕ぎ不可能な谷底の渓だったら・・・アウトでした。





「このままで終わってたまるかよっ!」

強い決意と期待を胸に、支流の様子を見に行くとそこも激濁り・・・。

心が「バギッ」と音を立てて折れてしまいました・・・。




40・50UPはおろか、30UPも釣れず、20cm台が7尾の最大魚が26cm。

過去最大級のバックラでラインは全滅、ダムの放水による大パニック。

自宅でゴロゴロしているよりはマシでしたが、きっつい釣行となってしまいました。

スポンサーサイト
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。