スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロソイとブラウントラウトの私的共通点

クロソイとブラウントラウト。

共にルアーで狙えるターゲットであり、私が大好きな魚です。

クロソイはカサゴ目フサカサゴ科の海水魚。

ブラウントラウトはサケ目サケ科の淡水魚(降海もしますが)。

全く異なるこの2魚種。私が感じる共通点は・・・



「サイズの割によく引いた」

その逆の

「サイズの割にあまり引かなかった」

ということが他魚種に比べて多いことです。

釣り上げた時に「あれっ???」

となることが時々あります。


0426kurosoi.jpg


↑これは小樽沖防で釣った26cm

ガンガン引きまくりで「30cmは確実!」と思った1尾です。





04kurosoi33.jpg


↑これも小樽沖防で釣った33cm

「なんだかモッタリした引きだな~」と思っていたら30UPでした。





08kurosoi39.jpg 08kurosoi42.jpg


↑共に苫小牧ボートで釣ったクロソイ。左が39cm、右が42cmです。

長さにしてたったの3cmの違いですが、引きは全くの別物でした。

42cmの方は潜りっぱなしの引きっぱなし。

「いったい何cmが掛かったんだ?」と思った1尾です。





次はブラウントラウト。


10buraunn35.jpg 11buraunn38.jpg

↑共に同じ渓で釣ったブラウン。左が35cm。右が38cm。

でも、よ~く引いて釣り上げるまでは大きく感じたのは35cmの方。



10buraunn40.jpg

↑これも同じ渓で釣った40cm。

こいつは上の2尾よりも、圧倒的に引きませんでした。

引きとサイズのアンバランスさに驚いた事を覚えています。




クロソイとブラウントラウト。この2魚種は

・個体差・性差などが激しい?

・引きの強さとサイズが比例しないことが多い?

と感じるのは私だけでしょうか?
スポンサーサイト
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。