スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーフトラウト最終戦は道東アメマス!

4月28日(月)


「道東某サーフで70UPを含む60UP海アメが連日爆釣!」

なかなか日程が合わず1度しか一緒に釣りに行けていない釣り友、T氏から刺激的な情報を頂きました。

と同時に「サクラマスが道南ホームサーフで好調」という吸い込まれそうになる情報も・・・。






南に行くか東に行くか、なかなか決められませんでした。どっちに決めてもすぐに覆ってしまうのです。

正直気持ちはサクラなのですがGWで混雑する中、3釣行連続ボウズ中の私にサクラが釣れるのか?

かと言ってアメマスにしても私が釣れるとは限りません。行ってみたら「祭りの後」という事も十分ありえます。






こんな感じで散々迷いましたが、結局は自身初となる道東サーフアメマスにあっさり決まりました。

何故なら28日午後~29日夕方の釣行予定が直前になって28日午後のみと変更を余儀なくされたからです。

午後の6時間のみでサクラを釣るのは私にとってハードルが高すぎる・・・と言うよりまず不可能です。

70UP海アメなどは無理としても、「ボウズだけは何とか回避できるだろう」という思惑で道東に出発しました。







2014428fuukei.jpg


運転中から心配してはいたのですが、現地に着くとやはり爆風が吹いています。

場所によっては砂が後ろから飛んできます。海に立ち込むと背中に海水シャワーが当たります。

そして何より強風のため川がザブザブ荒れているため、海が広範囲に濁っています。

こんな条件のこんな時間(12:00)のためか、私の他に釣り人は2人しかいません。






キャストを開始するとルアーが遥か彼方まで飛んで行きます。「投げ釣りかよ!」と突っ込みたくなる程です。

キャストはとっても気持良いのですが、釣れません。1時間もすると釣り人は私一人だけになってしまいました。

サーフを独り占めなのですが気持ちは全然高揚しません。それどころか右肩下がりで沈んでいく一方です。

そんな私を哀れに思ってか、空を舞う鳥たちが私にとっておきのプレゼントを用意してくれました。

























2014428amemasu56.jpg

海アメ56cm



5~6羽の鳥たちが低空旋回?していた場所にキャストをすると釣れちゃいました。

鳥に「ここに魚がいるよ」と親切・丁寧に教えて貰って、やっとボウズ回避の1尾を釣ることが出来ました。








2014428amemasu561.jpg



アメマスには悪いのですが、最後の1尾となる可能性が極めて高いので別ポーズでもう1枚。

こうして見ても「海アメ」と言うより「越冬川アメ」といった趣ですが、これでも自己記録更新なのです。

長さ・太さに似つかわしくない、ひっさしぶりのファイトを存分に堪能することが出来て大喜びしたのでした。






1尾釣ってやっと気持ちに余裕が生まれました。魚を釣ったのは2月9日以来となります。

「2尾目が釣れればサイズなんてどうでもいい」と思いながら、サイズUPを目指してキャスト再開です。

するとほどなくして離岸流らしき場所を発見。そこで粘っていると「クン」という小バイトです。

























2014428amemasu38.jpg


海アメ38cm




これでいいのです。サイズは大きいにこしたことはないですが、これはこれでいいのです!

しつこいようですが海トラウト3連敗中だっだの私にとっては、これでもこの上ない貴重な1尾なのです!






開始から2時間が経過していましたが、この2連発にすっかり気分を良くしました。

一転強気でキャストを続けましたが、サーフを行ったり来たりしながら以後は4時間ノーバイト。

一旦若干弱まったように思えた風が再び爆風状態になったため、18:00をもって終了としました。






今回はこの悪条件の中で「よくぞ2尾も釣った!」と自画自賛しておきます。

そして今回を持ってサーフトラウトフィッシングを一旦終了することとしました。

と言うのも、この「海アメ・海サクラ釣り」はやろうと思えば8月までできてしまうからです。

今後はスピニングロッドをベイトロッドに持ち替え、最近恋しくなってきた渓流に行きたいと思っています。
スポンサーサイト

マイクロサクラの呪いか?

4月13日(日)


「先週、ついにホームサーフでサクラが爆釣」

というビックニュースを耳にし、連敗を止めるべくホームサーフに出撃してきました。






日曜日ということで、まだ薄暗い中いつもより早めの用意をしてサーフに下りると


              ・

          
              ・


              ・


              ・


              ・


              ・


              ・


              ・


              ・


              ・ 


              ・


              ・


              ・



既に20人程がズラ~と並んでロッドを振っていました。

そしてこの20人、一人残さず「北海道海面漁業調整規則」に違反しています。

規制区域外に向かって歩いていく途中も人、人、人・・・もちろん同様の違反者です。

そこまでして釣りたいのか、違反など平気なのか、それともここの河口規制はユルユルなのか・・・。

まあ、私には関係ないのでどうでもいいですが、皆悪びれる様子もなく堂々としている光景に驚きました。






2014413fuukei.jpg



サーフを〇百メートル歩いてやっと規制区域外に到着、早速キャストを・・・とはいきません。

規制区域外も結構な人なのです。場所の選り好みなどは到底無理。完全に出遅れた感があります。

まるで島牧のようです。そして「いいな~」と思う場所はすでに先客5~6人がロッドを振っています。






仕方がないので空いているところで良さげな場所を探しながらキャストを開始しました。

しかし無情にも静かに時間だけが過ぎていきます。手や品を変えてもバイト一つ得ることができません。

8:00を過ぎるとほとんどの釣り人が撤収したので場所は空きましたが、どこでやってもダメ・・・。

結局5:00~11:00までロッドを振り続け、ノーバイトに終わってしまいました。



*ちなみに・・・

私と同じように釣れずに粘っている人から聞いた話では、全体でサクラ5~6本だったとのこと。

私もヒットシーンを1度、キープしている人を2人見かけましたが、なかなか厳しい朝マズメでした。






さて、午後はどうするか?サクラの再回遊を待つか、それとも移動するか・・・。

6時間ノーバイトのサーフで続ける気になれず、別サーフに移動することにしました。

そして・・・

































満潮時間15:30まで振り続けてノーバイト・・・

心が砕け散り、体も言う事をきかなくなってきたので納竿としました。

そしてこの瞬間、「海アメ・海サクラ、3釣行連続ボウズ」が決定したのでした。




















201429sakuramasu322.jpg


は今年の2月9日、7時52分に釣った32cmのサクラマスです。

このサクラを釣って以降、今日の今日までただの1尾も、否ワンバイトすらも無いのです。


 
 
  ・釣れた時にサクラとは思わなかった

  ・チビサクラとすら呼べないマイクロサクラ

  ・尺ヤマメと大差ないサイズのサクラマス




何という暴言の数々でしょうか。

私は生涯で2尾目に釣れてくれた海サクラに対して、感謝どころか蔑んだかのような発言をしていたのです!




























「最近までサクラのサの字も知らなかったくせに調子に乗りやがって!」

「お前のような恩知らずは2度と海トラウトを釣れない体にしてやる!」


そう・・・最近の絶不調はあのサクラマスにかけられた呪いに違いない・・・。































な~んてわけはありません!

自分のへタレっぷりを棚に上げ、わけのわからん能書きを垂れてはいけません!





さて、このまま「海サクラ連敗街道」を突き進んでしまうのか?

はたまた呪いが解けたかの如く、再び海サクラと御対面できるのか?

出来ることならもう一度再開し、スッキリしてからBeamsを振りたいです。

やっと釣りに行けたのだけれど

3月29日(土)


釣行予定日になるとことごとく悪天候、天候に恵まれたと思ったら息子がインフルエンザBに感染。

そんな訳で前回の海アメ・サクラボウズ釣行から伸びに伸びて1カ月以上も経過してまいました。

毎年3月中に必ず一度は行っている道東アメマスか。4月1日から河口規制が敷かれてしまう道南サクラか。

どちらにするか散々迷いましたが、道東アメマスは4月以降でも何とかなるし、何より前回のリベンジを果たしたい!

ということで海サクラ狙いに決定。河口規制前の最後となるホームサーフアタックに出発しました。















2014329fuukei1.jpg


日の出が5:30。気温6℃。雪もほとんどなく、完全に春が到来していました。

とても暖かく風も西風が0~1mなのに、海だけは何故か冬の日本海・・・結構な波高です。
















2014329fuukei2.jpg


はりきってキャストを始めましたが、3~4キャストに1度はこの有様です。

それでも程よくテンションが掛かる、釣れそうな場所がちょこちょこあるのでテンションは下がりません。

しかしいつまでたってもアタリひとつなく、周りの釣り人も「こりゃ魚いね~な」と口々に言っています。

結局下げ潮止まりの8:30まで続けるも状況は何一つ変わらないので移動しました。

















2014329fuukei3.jpg


向かったのは初めて訪れるサーフE。

ここは驚くほど波が穏やかでゴミや木端も全くありません。

ちょっと移動したらこれだけ違うのですから、フィールド選択の重要性を痛感しました。



「上げ潮止まりの15:30まで、この一帯で粘るぞ!」

「最悪でもチビアメ1尾位くらいは釣れるだろ!」





















しかし結果は・・・







































9:30~12:00まで振り続けてカスリもせず・・・。





こんなことはこれまでも何度もありましたが、この日はこの時点ですでに心が砕けそうでした。

潮止まりまで3時間半、日の入りまで5時間半、残りの時間がたっぷりあっても釣れる気が全くしません。

気持ちが完全に折れる前に、朝1にやったサーフにダメもとで戻ることにしました。










2014329fuukei4.jpg



波が落ち着いている!と一見して喜んだものの、それは勘違いした。

波打ち際で跳ねた海水で胸から下はずぶ濡れ、後ろから戻ってくる波も強烈です。

それよりも何よりも海面に漂う無数の海藻・木端・流木の数々・・・朝の比ではありません。

一投毎に釣れるゴミにもめげずに頑張ったのですが、満潮1時間前の14:30で心が折れてしまいました。





久しぶりの釣りが前回同様の丸ボウズでした。

私がイメージする海アメ・サクラ釣りの負の部分が今回もモロに出てしまいましたが、まあ仕方ありません。

せっかく北海道もやっと春めいてきたのですから、これからはガンガン釣りに出かけたいと思います。






根性だけで立ち続けたホームサーフ

2月22日(土)


1014222fuukei1.jpg


北~北西の風が常時4m以上、波高2m。

約2時間ロッドを振り続けるも、なんの生命反応も得られないため移動。


















2014222fuukei2.jpg


時折日が差し込むものの、風は変わらず吹きっぱなし。

ラインを真横に吹っ飛ばされながら2時間粘るもここでも無反応。

















2014222fuukei3.jpg


何処へ移動したって風や波は変わる訳も無くここでもノーバイト。

日没までやるつもりも途中で気力を使い果たし、15:00で納竿としました。






ほぼアメマスに的を絞りロッドを振り続けた2日間は過酷なキャス練となってしまいました。

トラウトのアタックやファイトを渇望していた状態でこの結果、現在欲求不満が爆発しそうです。

















2014222rua.jpg

カーディフ モンスターリミテッド ウインドリップ95S AR-C



色々なブログで絶賛?されているジグミノーです。

今回収穫らしいものがあったとすれば、こいつのスイムテストができた事くらいでしょうか?

噂に違わぬ高性能ジグミノー。高速リトリーブでも泳ぎは抜群、次回はこいつで釣るだけです!!






昨年12月から何とか回避し続けていた「海アメ・海サクラボウズ」。

ついに今回喰らってしまいました・・・がこれには明確な理由があります。

これまで釣果があった釣行はそのほとんどが南東風や東風。条件に恵まれていました。

好条件下で1尾出すのがやっとの私が、今回のような条件下でおいそれと釣れるわけがないのです。






よって今回の釣行で再び得た教訓

・気温がそれほど低くなくても、強い北西風を浴び続ければとっても寒い。

・北~西の風向きの時は「1尾くらいならなんとかなるかも?」などという幻想は抱かない。

いずれもわかっていた事でしたが、今回は無理して行っちゃったな~。

ホームサーフで完全敗北

2月21日(金)


14:00~17:30まで、
北~北西の風4~7mが止むことなく吹く中、
1尾を求めてロッドを振り続けましたがバイトすら皆無。

完全敗北でした。


明日も条件は厳しそうですが、
今日はビールでも飲んでさっさとねます。


明日は絶対釣ってやる!!

って、かなり自信ないけど・・・。
プロフィール

Nシックス

Author:Nシックス
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。